狭山事件市民集会2012年10月←移転先

狭山事件市民集会2012年10月

We are currently doing server relocation.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--

We are currently doing server relocation.狭山事件集会

狭山事件 学習会&現地調査 10月14日


写真:於自白殺害現場 撮影:AII氏

10月14日に部落解放同盟埼玉県連主催の狭山事件交流学習会と現地調査に参加しました。

筆者は元々(遅くとも石川さんに初めてお会いした2005年以降は)支援団体や支援個人の横の繋がりが大切だと思っており、且つこの2、3年は各種集会や会合等には積極的に参加するようにしていますが、そう申せば不思議な事に、解放同盟の支部や県連単位の現地調査に来たのはこれが初めてでした。参加しなかった理由を考えると、勿論そう言う場所を忌避していたわけでは全然無く、なにしろ、何時何処でそう言う行事が実施されるのかが全然解らなかったからです。最近は早智子さんのサイトのトップ頁に、個人であっても参加可能と思われるそうした行事日程が掲載されている(事に気がついた)ので、日程可能であれば極力参加させて頂いております。

更に自分だけ行くのでは全然駄目です。よって此の日は現地調査には自分だけで無く当サイトの方でも告知公募した結果、合計7人(初めて来たひと4人)で同道させて頂きました。

解放同盟のこれらの行事は、決して一般個人が入れないような排他的なものではありません(此の筆者が行けているのだから間違い無い)。集会等の出席により此の事は筆者には既に解っておりましたが、多分当サイトから初めて参加された方々にもそれが解って頂けたものと思います。参加した方からも「現調の道すがら、県南の支援会の方とけっこうお話したんですが、皆さんとても好意的でした」と言う感想を頂きました。「やはり実際に現地を歩いてみて、検察側の主張の荒唐無稽さがよく理解できました」との感想もありました。

つまり此のような学習会や現地調査に、一般個人も自由に参加出来るわけですから、あとはこうした行事がある事を知らしめる事が必要となるわけです。現在の再審運動に、これが欠けているようだと言う事は先日記しました。あとはもう、実践あるのみです。

狭山事件の再審を求める市民集会2012年10月30日


石川一雄さん挨拶

高裁・高検への要請行動、市民集会、デモ行進に行きました。先日(10月14日)と5月の現地調査に参加された2人の方(とその奥様)も来てくれました。

日比谷公園集合
日比谷公園健康広場でプレ集会
石川さんのアピール
高裁前での石川さんのアピール

要請行動前の集合時に、各地から参加した皆様の代表挨拶の時、(早智子さんのお心遣いで)筆者も御挨拶させて頂きました。と高検、高裁での要請時にも発言の機会を作って頂きました。多分、それぞれの場所に於て、言いたい事を言えたと思います。

免田栄さん
あの免田栄さんも登壇
福島瑞穂氏
福島瑞穂氏も健在なり
10-30eS.jpg 
満員御礼
10-30fS.jpg

1012-10-30x_c.jpg
終了後デモを行う。

筆者達はデモの先頭の方に居て終点に到着し解散となりましたが、帰りがけの道すがらにもまだ続々と長蛇の列が続いておりました。先ほど知った処によると、この日の参加者は約3千人との事。しかし狭山事件では過去には、1万人を超える(時として10万人規模の)超大集会がありました。それから見たら、数千人規模では全然不満足です。更なる人数増大を目指し、支援の総力を結集しよう。

スポンサーサイト
2012/10/31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。